ブラック企業

ブラック企業の割合って一体どれくらい?見極め方教えます

2021-03-16

画像

残念ながら、日本にはブラック企業と呼ばれる会社がたくさんあります。

もしかしたら、

「ブラック企業の割合って一体どれくらいなの?」

という疑問を抱えている人がいるかもしれません。

そこでこの記事では、日本の企業の中にブラック企業はどれくらい存在するのかということについて解説し、ブラック企業を見分ける方法についても、具体的に紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

ブラック企業の割合ってどれくらい?

日本におけるブラック企業の割合は、約6割と言われています。

つまり、約半分以上の企業がブラック企業と化してしまっているという事なのです。

ブラック企業という言葉に明確な定義はありません。

しかし、一般的には、

・残業時間が多い

・休みが少ない

・給料が極端に安い

というような、労働基準法違反をしている会社のことを指します。

この結果から、約半数以上の会社が、何らかの法令違反をしているという事が見て取れるのです。

 

 

ブラック企業になりやすい会社の特徴は?

では、ブラック企業になりやすい会社には、一体どのような特徴があるのでしょうか。

 

家族経営

まずは家族経営の会社です。

家族経営の会社というのは、独自のルールが設定されていたり、ルールが曖昧だったりします。

そのため、給料の算出基準が曖昧だったり、業績が低下すると給料の支払いを待ってくれと言われたりすることもあるのです。

もちろん、家族経営の会社にもしっかりとした基準を設けて、クリーンな会社作りをしている所もあります。

また、給料に関しても、従業員のことを第一に考えてくれる暖かい会社もあるのです。

ただ、規模がかなり小さいことから、どうしてもルール通りに給料を渡したり、残業をさせたりということが難しく、

・給料未払い問題

・サービス残業問題

が出てきてしまう事もあるのです。

 

小規模企業

次は、従業員が数名程度の小規模企業です。

このような企業というのは、それまでフリーランスとして仕事を取ってきた人が社長になっていることも多く、

・プレイヤー型社長(部下に任せることができない)

・ワンマン社長

の割合も高いのです。

そのため、振り回されてしまったり、自分の意見を全く聞いてもらえなかったり、細かく指示をされてしまったりする可能性もあります。

 

下請け企業

次は、下請け企業です。

下請け企業というのは、元請け企業がいて仕事が成立していることが多いため、どうしても上の指示通りに動かざるを得なくなってしまいます。

そのため、場合によっては、

・低単価で働かされる

・残業時間が多い

というような問題に悩まされてしまう事があるのです。

 

 

ブラック企業の見極め方は?

では、そんなブラック企業というのは、一体どうやって見極めていけば良いのでしょうか。

 

求人内容が曖昧

まずは、求人に記載のある仕事内容が曖昧という事です。

明確に仕事内容が記載されていない場合は、不随する業務をほとんど任されてしまう事もあり、激務になってしまう可能性があるのです。

そのため、求人に記載されている項目をしっかりと確認して、

・仕事内容は明確になっているか

・給料水準はどうか

・残業代はどうなっているのか

という事を調べておくことが大切です。

 

非正規雇用の比率が高い

次は、日聖子雇用者の割合が高いという事です。

従業員が少ない場合は、非正規雇用者の割合が多くなってしまっても仕方がありませんが、ある程度従業員数がいるにもかかわらず、そのほとんどが日聖子雇用である場合、ブラック企業の可能性が否定できなくなります。

もちろん、

・成果主義

・フリーランスの集まり

というような企業の場合は、ほぼ全員が非正規雇用になることもありますので、一概には言えませんが、正社員として働きたい場合には、雇用形態をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

ずっと求人サイトに掲載されている

九座インサイトを見ていると、一年中人材を募集している会社があります。

このような企業は、

・人が集まらない

・人が入ってもすぐに辞める

という特徴を持っている可能性があるため、慎重に判断していくことをおすすめします。

また、年中掲載されている企業は、仕事内容の記載や給料の記載が曖昧である可能性も高いため、注意深く観察してみましょう。

このようなことに注意して企業を探すことで、ホワイト企業とブラック企業を正確に見極めることができるため、就職や転職を成功させられる可能性が高くなるのです。

 

 

まとめ

ブラック企業の割合は、なんと6割にも及びます。

そのため、これから就職や転職を検討しているという場合は、今回紹介したことを参考にしながら、ブラック企業を上手にかわして自分に合ったホワイトな会社を探していくことをおすすめします。

そうしないと、ブラック企業に入社してしまい、精神的にも疲弊し、体力的にも疲弊してしまう可能性が高くなります。

ブラック企業をしっかりと見極めることができれば、入社直後から楽しく、そして快適に働いていくことができるようになるでしょう。

 

 

<関連記事>

 

ブラック企業の社長ってどんな人?共通する特徴7選

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているかもたすです。

新卒でブラック企業に就職してしまい人生の大事な時間を搾取されました。

そんな経験から、ブラック企業で苦しんでいる方に早く抜け出してもらいたい、少しでもその手助けになれば、と思いこのブログを始めました。

ブラックで働き始めた当時はまだ「ブラック企業」なんて言葉も無く、「これが社会なんだ」「辞めたら次がない、頑張らないと」と自分に言い聞かせ10年以上働きボロボロになりましたが、今は時代が違います。
働き方改革も始まり副業も国が推奨してくれている、今はもうブラック企業で我慢して働く必要はありません。

このブログを読んだ方がブラック企業を辞めようとなる勇気やキッカケになれば嬉しいです。

-ブラック企業
-, , , , ,

© 2021 かもたすブログ