体験・経験談

【経験者談】ブラック企業が新卒を洗脳するこの言葉に注意!

2020-02-23

画像

ブラック企業で酷使されていると、だんだんと正常な思考が保てなくなってきます。それはことあるごとに言葉で洗脳されてしまうからです。

特に新卒で何も知らないところに、さも社会では当然かのように言われてしまうと真面目なタイプはこの洗脳言葉にやられ、がんじ絡めにされてしまい身動きが取れなくなってしまうでしょう。

私がことあるごとに繰り返し言われ

「そうか私は会社に迷惑をかけているのか、頑張って会社に貢献しなければ!」

と、洗脳されてしまった言葉を4パターン挙げてみました。

 

スポンサーリンク

私が何度も言われたブラック経営者の言葉

Maret HosemannによるPixabayからの画像

 

あなたの会社で当てはまるものはありませんか?

一つでも当てはまったらブラックなので、転職を考えていいと思います。

ブラック経営者が発した言葉の後には、今の正常な私の意見を書いています。

 

残業手当を欲しいというのは悪だ

ブラック経営者「残業手当?入ったばかりで給料分も稼いでないのにそんなこと言うなんて何を考えているんだ!」

ブラック経営者「入ったばかりの人間は給料分も稼げないのにこっちは給料を払っているんだぞ。」

ブラック経営者「そっちから「お金はいりませんから働かせてください」と言ってもいいくらいだ。金をくれなんて言語道断だ!」

だからサービス残業するのが当然だと言いたいのでしょう。法律を守ることより自分たちのお金のほうが大事なんですね。新卒者が稼げないのは当然です経験ないんですから。

関係ないです、ちゃんと法律守ってください。

給料以上に稼いでほしいなら、企業がお金をかけて稼げるように育てるのが責任であり義務だと私は考えています。

 

辞めても次行くところは無いとぞいった脅迫

ブラック経営者「すぐ辞めるようなそんなやつ他のところも取ってくれないぞ」

ブラック経営者「これくらいで辞めるようならどこへ行ってもお前は失敗する」

これはよく聞くブラック企業の常套句ですね。

貴重な奴隷が辞めないようにするための言葉です。辞めたらまた奴隷を作らないといけませんからね。

反論させていただきます。

いやいや、失敗しませんよ。

どちらかといえばブラックの感覚を持って他に行くと「良く働くね。ほかの人にも見習ってほしいよ」と重宝されるくらいです(笑)

 

お前の時間は会社のものだ

ブラック経営者「お前が喋ったりトイレに行ったりする時間にもこちらは金を払っているんだぞ」

『会社はお前の時間に金を払っているからお前の行動はすべて会社のものだ』という歪んだ考えから出ている言葉です。

そんなずっと仕事ばっかりしてられる訳ありません。集中力も途切れるし少しは休まないと生産性が上がらず、稼げるものも稼げなくなってしまいますよ。

稼げといいながら稼げないようにしているのは自分ですよね。非効率極まりないです。


自分の一族が最優先

ブラック経営者「赤字で会社が立ち行かなくなってもお前ら辞めればいいかもしれんが、俺達家族は家まで取られて首を釣らなければならないんだぞ!」

そのリスクを理解したうえで会社を立ち上げ経営しているんでしょう?こちらはそっちの家族のことなんて知ったことではありませんよ。

この発言、経営者はみんな実際には思っていることだとは思いますし自分の家族が大事なのは当然でしょう。しかしそれを従業員に対して言うのは、経営者としては絶対にダメですよね。

突き詰めると何かあったら従業員は真っ先に切られるということですし、下手すれば責任を押し付けられて従金を搾り取ろうとしてくるかもしれない、というところまで想像してしまいます。

モチベーションはダダ下がりです。

まあ、それでも辞められませんけどね・・・


まとめ

特にお金に関してはすごい執着心の経営者でした。

発言の真意を辿ると、すべてお金を損したくない!という一言にたどり着くんです。これが本当の守銭奴というやつかと思い知らされました。

労働者を正当に評価せず、自分の一族の安泰のために使うための奴隷としか思っていないブラック企業は、ホントにこの世から無くなってもらいたいものです。

 

ブラック企業からの転職を考えよう【うちの会社ブラックかもと感じた人へ】

ブラック企業からは逃げるが勝ち!退職代行を使うべき3つの理由

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているかもたすです。

新卒でブラック企業に就職してしまい人生の大事な時間を搾取されました。

そんな経験から、ブラック企業で苦しんでいる方に早く抜け出してもらいたい、少しでもその手助けになれば、と思いこのブログを始めました。

ブラックで働き始めた当時はまだ「ブラック企業」なんて言葉も無く、「これが社会なんだ」「辞めたら次がない、頑張らないと」と自分に言い聞かせ10年以上働きボロボロになりましたが、今は時代が違います。
働き方改革も始まり副業も国が推奨してくれている、今はもうブラック企業で我慢して働く必要はありません。

このブログを読んだ方がブラック企業を辞めようとなる勇気やキッカケになれば嬉しいです。

-体験・経験談
-, ,

© 2021 かもたすブログ