ブラック企業 退職

ブラック企業から円満に退職することは無理なのか

2020-02-26

画像

今いる会社はブラック企業だけど波風を立てては辞めたくない、という方は沢山いると思います。

争って辞めて、次の会社でそのことを知られたら「ここでもやるんじゃないか?」という目で見られてしまい、せっかく再就職した会社に居づらくなってしまうかもしれません。

また、地方の企業だと社長同士が知り合いだったりして裏で

「こないだお前のところの職員が面接に来たけど、どんなやつなんだ?」

と情報を交換することも珍しくなく、

「あいつは会社にこんなダメージを与えやがった」

なんて言われてしまったら、再就職自体に影響を及ぼすかもしれません。

辞めたいと言った時に圧力をかけてくるような超ブラックでなければ無理に争うことはなく、出来るなら円満退職が良いのは間違いありません。

ですので今勤めている会社を退職する際には、喧嘩をせずに円満退職を目指したいものです。

さてどんな予定で行動していくと円満退職が可能になるでしょうか、掘り下げていこうと思います。

退職を伝えた際に無理な引き止めがないレベルのブラック企業の場合を前提としています。

無理な引き止めがある場合は↓こちらの記事を参考にして退職しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

円満退職するためにやっておくこと

お互い円満に退職をするならば、退職まではできるだけ周りに迷惑がかからないようにする必要があります。

 


一ヶ月前には辞めることを伝える

まず、企業側としては人一人退職することになると、会社の機能が滞らないような手配が必要となってきます。

ですので会社には1カ月前には辞める話をする必要があるでしょう。

 


退職する日を上司と話し合って決める

上司とは有給休暇の残り日数なども考慮して、退職日を相談しておきましょう。

 


業務を引き継ぐ

業務の引き継ぎを行いましょう。

引き継ぎをしっかりすることが、円満退職をするためにはとても大切です。

仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料を作成する必要がある場合もあります。

 


取引先に公認の挨拶をする

取引先会社との接点がある業務ならば、後任者を連れて挨拶に行ったりすることも重要です。

 


備品の返却やデータの整理

会社から借りていた備品を返したり、PC内のデータをわかりやすく整理することも大事です。

 


退職に関する書類等の回収

退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証、年金手帳などもきちんと回収します。

以上です。

当日までにしっかりと担当業務を処理してやり残すようなことのないようにするのは、円満退職のために大事なことですよ。

 

 

 

 

ブラック企業からの円満退職についてまとめ

ブラック企業とはいえ円満退職を目指すならば、今まで勤めていた会社の人の手をできるだけ煩わせないようにすることが大事になってきます。

辞めることさえ決まってしまえば、あと少しの辛抱。

ブラックな仕打ちによって今までの積もり積もった不満で心の中ではハラワタ煮えくり返っていても、表面上はニコニコとしておくのが円満退職の秘訣です。

ブラック経営者は愛社精神が大好きですから、どこかで涙なんか流せたら最高ですね。

ちなみに私は念の為、社長の前で「残念です」と泣きました(笑)

いまだに地方では、社長が知り合い同士などで前職への問い合わせが普通に横行していたりします。
※現在、前職調査は個人情報保護の観点から求職者の同意が無ければ違法です。

なので前職に問い合わせられたとしても、

『最後は泣いてくれて愛社精神もあるし、よくやってくれたいいヤツだったよ。』

なんてプラス評価で後押ししてくれるかもしれませんよ。

 

 

 

 

ブラック企業からは逃げるが勝ち!退職代行を使うべき3つの理由

円満退職するためにやっておくこと

お互い円満に退職をするならば、退職まではできるだけ周りに迷惑がかからないようにする必要があります。

 

一ヶ月前には辞めることを伝える

まず、企業側としては人一人退職することになると、会社の機能が滞らないような手配が必要となってきます。

ですので会社には1カ月前には辞める話をする必要があるでしょう。


退職する日を上司と話し合って決める

上司とは有給休暇の残り日数なども考慮して、退職日を相談しておきましょう。


業務を引き継ぐ

業務の引き継ぎを行いましょう。

引き継ぎをしっかりすることが、円満退職をするためにはとても大切です。

仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料を作成する必要がある場合もあります。


取引先に公認の挨拶をする

取引先会社との接点がある業務ならば、後任者を連れて挨拶に行ったりすることも重要です。


備品の返却やデータの整理

会社から借りていた備品を返したり、PC内のデータをわかりやすく整理することも大事です。


退職に関する書類等の回収

退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証、年金手帳などもきちんと回収します。

以上です。

当日までにしっかりと担当業務を処理してやり残すようなことのないようにするのは、円満退職のために大事なことですよ。

 

 


ブラック企業からの円満退職についてまとめ

ブラック企業とはいえ円満退職を目指すならば、今まで勤めていた会社の人の手をできるだけ煩わせないようにすることが大事になってきます。

辞めることさえ決まってしまえば、あと少しの辛抱。

ブラックな仕打ちによって今までの積もり積もった不満で心の中ではハラワタ煮えくり返っていても、表面上はニコニコとしておくのが円満退職の秘訣です。

ブラック経営者は愛社精神が大好きですから、どこかで涙なんか流せたら最高ですね。

ちなみに私は念の為、社長の前で「残念です」と泣きました(笑)

いまだに地方では、社長が知り合い同士などで前職への問い合わせが普通に横行していたりします。
現在、前職調査は個人情報保護の観点から求職者の同意が無ければ違法です。

なので前職に問い合わせられたとしても、

『最後は泣いてくれて愛社精神もあるし、よくやってくれたいいヤツだったよ。』

なんてプラス評価で後押ししてくれるかもしれませんよ。



 

働きながら転職先を探すなら「転職エージェント」や「転職サイト」を活用しよう

転職35歳限界説は本当?転職活動の限界年齢は?【20〜30代必見】

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているかもたすです。

新卒でブラック企業に就職してしまい人生の大事な時間を搾取されました。

そんな経験から、ブラック企業で苦しんでいる方に早く抜け出してもらいたい、少しでもその手助けになれば、と思いこのブログを始めました。

ブラックで働き始めた当時はまだ「ブラック企業」なんて言葉も無く、「これが社会なんだ」「辞めたら次がない、頑張らないと」と自分に言い聞かせ10年以上働きボロボロになりましたが、今は時代が違います。
働き方改革も始まり副業も国が推奨してくれている、今はもうブラック企業で我慢して働く必要はありません。

このブログを読んだ方がブラック企業を辞めようとなる勇気やキッカケになれば嬉しいです。

-ブラック企業, 退職
-, , ,

© 2021 かもたすブログ