FX

FXだけで生活をしていくことはできる?メリット、デメリットって何?

2021-03-30

FXサンプル

FXで得た利益だけで生活をしていきたい、と思っている人はたくさんいるでしょう。

確かに、FXだけで生活をすることができれば、毎日出社する必要もありませんし、会社員よりも多くの収入を手にできる可能性が高まります。

ただ、本当に一般人がFXだけで生活をしていくことは可能なのでしょうか。

また、FXだけで生活をするメリット、デメリットは一体何なのでしょうか。

この記事で詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

【結論】FXで生活をすることは可能だが難しい

結論から言ってしまうと、FXで生活をする事は不可能ではありませんが、非常に難しいと言えます。

FXに挑戦している人はたくさんいますが、そのほとんどがお小遣い程度の金額しか稼げていない、あるいは損失を出しているという状態なのです。

その中で、生活に必要な数十万円をFXだけで毎月コンスタントに稼ぐとなると、相当な知識量、スキル、それから資金量が必要になると言えるでしょう。

 

 

FXの専業トレーダーはどれくらいの年収を稼ぐ?

FXだけで生活をしていきたいと思っている人は、

「実際のFXプロトレーダーはいくらくらい稼いでいるの?」

と思っている事でしょう。

残念ながら、FXの専業トレーダーの年収を一概に説明することはできません。

なぜなら、人によって収入が大きく異なるからです。

ただ、うまく言っている人は年収800万円以上を稼いでいることが多いです。

つまり最低限月に50万円から100万円程度の利益を出せるようになれば、専業の道が見えてくるという事です。

 

 

FXで生活をする事のメリットは?

次に、FXで生活をする事のメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

家でお金が稼げる

まずは、家にいながらお金を稼げるという所です。

お金を稼ぐ=会社に行くと考えている人もいますが、FXで生活をすることができれば、この概念を吹き飛ばし、パジャマ姿のままお金を稼ぐことが可能になるのです。

 

大きな金額を稼げる

FXというのは、自分のトレード次第でいくらでも稼げる投資です。

また、資金量が多ければ多いほど、大きなトレードをすることができるため、損をするリスクもありますが、その分大きな金額を稼げる可能性も高くなるのです。

 

経済の仕組みを理解できる

FXでは、市場に参加しているトレーダーの心理をチャートで読み取って、それをトレードに活かす必要があります。

これをテクニカル分析というのですが、これだけではなく、各国の動向や要人の発言などによっても、価格が上下するのです。

これをファンダメンタルズ分析と呼ぶのですが、ファンダメンタルズ分析をすることで、自然と経済の仕組みや、各国の動向などを読めるようになりますので、それをFX以外のビジネスに応用させていくことも可能と言えます。

 

 

FXで生活をする事のデメリットは?

次に、FXで生活をする事のデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

収入が不安定

まずは収入が不安定という事です。

FXで利益を得られるかどうかは全て自分の腕にかかっています。

会社員のように、とりあえず会社に行っていれば毎月固定の給料がもらえるというわけではありません。

そのため、まとまった金額を稼げる月もあれば、赤字になってしまう月もあるという事です。

このようなことから、特に家族がいるという人は、常にプレッシャーと戦ってトレードをしていくことになるでしょう。

 

モニターと睨めっこをする必要がある

FXには、様々なトレードスタイルがありますが、数十秒から数分で決済をするスキャルピング、その日のうちにトレードを終了させるデイトレードの場合は、常にモニターと睨めっこをする必要が出てきます。

そのため、一日中パソコンの前に張り付くというようなことも、決して珍しくないのです。

一見楽そうに見えますが、一日中様々なことを考えて、同じ場所に座りっぱなしというのも意外と辛い物です。

この状況がほぼ毎日続くことになるため、メンタルや健康に悪影響が出てしまう可能性もあります。

 

勉強が必要になる

FXというのはギャンブルではありません。

しかし、やり方によっては非常に危険なギャンブルになってしまう事もあります。

ギャンブルトレードで生計を立てていくことはまず不可能ですので、着実に利益を伸ばしていきたいのであれば、かなりの時間と労力を勉強に費やす必要があるのです。

 

ある程度の資金量が必要になる

FXは、レバレッジをかけることができます。

つまり、少ない資金で大きな金額の取引ができるという事です。

しかし、ある程度まとまった利益を手にしたい場合は、それなりの金額を動かす必要があります。

そのため、数千円や数万円程度の金額では、専業になる事は難しいでしょう。

 

自分をコントロールしなければならない

ずっとチャートを見ていると、全ての局面がトレードのチャンスに見えてきてしまいます。

また、含み損を出している時というのは、

「もう少し待ってみよう」

「今日中に取り返さないと」

と熱くなってしまう事がありますが、このような感情になってしまう人は、まだFXだけで生活をするレベルに達していません。

大切なのは、自分の感情をコントロールして、利益が出ても損失が出ても、機械のような淡々とトレードできる鋼のメンタルなのです。

 

 

まとめ

FXで生活をする事は、100%不可能ではありません。

現にFXの利益だけで生計を立てている人もたくさんいます。

ただし、FXの専業トレーダーというのは、なろうと思ってすぐになれるものではありません。

そのため、本気でFXだけで生活をしていきたいと思っているのであれば、

・資金量

・知識

・経験

を身に着けることを目標にして、毎月50万円以上の利益をコンスタント取れるようになったら、専業トレーダーデビューを検討してみることをおすすめします。

 

 

 

FXは難しいって本当?FXが初心者向きでないと言われる4つの理由

FXと株の違いって何?初心者にはどちらが向いている?

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているかもたすです。

新卒でブラック企業に就職してしまい人生の大事な時間を搾取されました。

そんな経験から、ブラック企業で苦しんでいる方に早く抜け出してもらいたい、少しでもその手助けになれば、と思いこのブログを始めました。

ブラックで働き始めた当時はまだ「ブラック企業」なんて言葉も無く、「これが社会なんだ」「辞めたら次がない、頑張らないと」と自分に言い聞かせ10年以上働きボロボロになりましたが、今は時代が違います。
働き方改革も始まり副業も国が推奨してくれている、今はもうブラック企業で我慢して働く必要はありません。

このブログを読んだ方がブラック企業を辞めようとなる勇気やキッカケになれば嬉しいです。

-FX
-, , , , , ,

© 2021 かもたすブログ