転職 転職エージェント 転職サイト

転職を決意!さて求人情報はどこで探せばいい?

2020-02-28

画像

色々悩んだ末に転職を決意したものの、いざ転職先を探すとなった場合どこで探せばいいのか悩んでいませんか?


自分の希望に沿った求人が沢山見つかれば、その中から好条件なところを選択することが可能です。


好条件な情報を取りこぼさないように、取得する手段をいろいろと知っておきましょう。


スポンサーリンク

ハローワークで情報収集


『転職するから求人情報を』と言われて思い浮かべるとすると、一番はハローワークではないでしょうか。


ハローワークには常に新しい求人情報が並んでおり手軽に利用することができますし、ハローワークに利用者登録すれば、ネットでもある程度検索することが出来るようになります。


ただ求職情報に関しては、企業側も無料で求人を出すことが出来るため、質の良くない情報がどうしても混ざってしまうことが難点です。


そんな企業に当たってしまうと、再就職にかける貴重な時間や機会をムダに失ってしまうので注意が必要です。


求人情報サイトで情報収集


最近の転職希望者が主に利用する媒体といえば、求人情報サイトと呼ばれるネット上の転職情報を集めたサイトです。


常に最新の求人情報を知りたいという人は、スマホやパソコンで閲覧可能な求人サイトを活用すると良いでしょう。


ハローワークで仕事を探す場合は建物のある場所まで行かなければなりませんが、こういった転職に関するサイトは自宅でも出先でも求人情報が閲覧できます。


求人サイトで求人情報を探せば、自分に都合のいい時間を中心に情報の検討ができますので、働きながら仕事探しをしている人には嬉しい存在です。

キャリコネ転職公式サイトはこちら

転職エージェントで情報収集


また転職エージェントに登録し転職のプロに相談をすることで、自分がどんな転職先を望んでいるかを再検討したり、条件のいい求人を紹介してもらうこともできます。


自分だけであれこれ悩まずに転職エージェントの担当者に相談ができ、何を求めて転職をするかを伝えることでアドバイスをもらったり、求人情報を紹介してもらってスムーズに転職をすることができるようになります。

DODAエージェントサービス公式ページから無料登録に申し込む

首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント


↓「転職サイト」と「転職エージェント」の違いはこちらの記事で説明しています

働きながら転職先を探すなら「転職エージェント」や「転職サイト」を活用しよう

雑誌や新聞で情報収集


他には転職求人雑誌や新聞の求人欄をチェックする方法などもあり、稀に掘り出し物に当たる場合もあります。


まとめ


今の職場から転職するという決断はあなたが悩みに悩んで、悩んだ末に出した結論だと思います。


あなたが今後の人生を良くするために決断した重要なイベントです。


情報の入手手段によっても得られる求人情報の傾向が異なりますので、次の就職先に後悔することのないよう、どれか一つだけで探すのではなく、いろんなサイトや手段を用いて情報を取得し吟味するようにしましょう。


転職成功の秘訣は希望条件を絞るしかない理由

その転職活動ちょっと待って!自己分析はできてる?

スポンサーリンク

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているかもたすです。

新卒でブラック企業に就職してしまい人生の大事な時間を搾取されました。

そんな経験から、ブラック企業で苦しんでいる方に早く抜け出してもらいたい、少しでもその手助けになれば、と思いこのブログを始めました。

ブラックで働き始めた当時はまだ「ブラック企業」なんて言葉も無く、「これが社会なんだ」「辞めたら次がない、頑張らないと」と自分に言い聞かせ10年以上働きボロボロになりましたが、今は時代が違います。
働き方改革も始まり副業も国が推奨してくれている、今はもうブラック企業で我慢して働く必要はありません。

このブログを読んだ方がブラック企業を辞めようとなる勇気やキッカケになれば嬉しいです。

-転職, 転職エージェント, 転職サイト
-, , ,

© 2021 かもたすブログ